Mac対応のトレーディングツール

GMOクリック証券株式会社 カブドットコム証券 SBI証券 楽天証券 松井証券 マネックス証券 ライブスター証券
Macで使い勝手が良いトレーディングツール
トップお役立ち情報 > Macで使い勝手が良いトレーディングツール

Macで使い勝手が良いトレーディングツール

Macで使えるトレーディングツールは、どのネット証券でも基本的にブラウザ上で使うツールになります。このブラウザ上で使える【Mac対応】のトレーディングツールのなかで使い勝手が良いのは?

レーザートレード(GMOクリック証券株式会社)

各ネット証券のトレーディングツールをチェックしてみると、総合的に使えるトレーディングツールではGMOクリック証券株式会社のレーザートレードしかMacに対応していません。(2014年12月にマ楽天証券のマーケットスピードがmac対応になりました。)
この要因もあって、他のネット証券のトレードツールと比べるとレーザートレードの使い勝手には目を見張るものがあります。

ネット証券 GMOクリック証券株式会社 カブドットコム証券 楽天証券 松井証券 SBI証券 マネックス証券
ツール名称 レーザートレード kabuステーション マーケットスピード ネットストックハイスピード HYPER SBI マネックストレーダー
Macへの対応 × × × ×
ツールの形式 ブラウザ上で稼働 DLして単体で稼働 DLして単体で稼働 DLして単体で稼働 DLして単体で稼働 DLして単体で稼働

*カブドットコム証券のkabuステーションや楽天証券のマーケットスピードのように、各証券会社のメインツールは、残念ながらMacには対応していない

総合的な株取引ツール
ランキングのチェック、チャートの確認、発注など様々な操作がレーザートレードだけできるので、各種操作が連動して使いやすい
他社ツールは各々が独立したツールになっている。
リアルタイムで情報を反映
板情報やチャートの情報にタイムラグがなく、リアルタイムで情報が反映される。
もちろん、チャートや板情報は自動更新なので、スピーディな取引をしたい場合でもOK。
操作が簡単
チャートの反映や発注などがドラッグ&ドロップやダブルクリックでできるので、MacBook Airのようなノートパソコンのトラックパッドでの利用でも操作が簡単にできる。
ツールの利用は全て無料
GMOクリック証券株式会社に口座開設すれば無料で利用できる。他証券のツールのように無料利用のための条件がないので、一か月以上取引がないような中・長期での投資でも無料で使い続けられる

ということで、以下でレーザートレードの使い勝手の良さを確認してみて下さい。

レーザートレードをMACで使ってみた

レーザートレードの画面です。

レーザートレードの画面 レーザートレードのチャート レーザートレードのチャート レーザートレードのチャート レーザートレードのチャート

補足ですが・・・
GMOクリック証券株式会社は、取引の手数料が安い。

つまり
Macで株取引を始めるなら、2013年8月の時点では、GMOクリック証券株式会社はおすすめの一つです。